スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旅と鉛と岩と自衛

気付けば夏だ今年も来た。年を取ったのか毎日が慌ただしく過ぎて行くわりに時間がゆっくりと流れてる。そんな夏。久々にペンを取ってこの文書書いてる。

今回は5月と6月にタイへいって来た。Twitterやインスタグラム観てくれてる人はリアルタイムで知ってるけどここに紀行文を残しておいてこの旅を完結させたい。
今回数年ぶりの海外は旅行でもライブでもなく仕事で行った。合計3度行ったんだけど合計で2週間近く滞在した。
まずおれら日本人がどれだけ恵まれてるのかって事を痛感した。日本人の中にはギリギリの生活してる人もいるけどこの国に来れば普通以上だ。おれらは円を持って踏みにじる侵略者なのかそれとも円を縁に変える開拓者か。それは帰国するまでわからなかった。分かったのはおれたち日本人は円に守られてるって事。優しくしてくれるのはもしかして円をもっているからなのか。これは旅行者じゃあ感じる事の出来ない感覚だろう。面倒くさいけど仕事で行ったから感じれたんだ。そして日本人の勤勉さを思い知った。他の国の人間が働かないって事じゃない、この勤勉さこそ日本人が世界に誇るべき姿ではないかなと思う反面もう少し気を楽にできねぇのかなとも思った。自殺者が世界有数の国なんだから。自分を知るには外から見る。これは重要な方法なのかもしれない。視点、観点を変えるその方法が取れたのが一つの収穫。
この国は至る所に祭壇がある。少女が靴を脱いで裸足で道端で僧侶に手を合わせる。至る所に死が点在している。それは整ってない交通や広大な自然だけのせいではない。アジアが抱える不安や得体のしれない闇がそうさせてるんだろう。いつ何がおきても誰が助けてくれるのかも分からない。だから至る所に祭壇があるのかもしれない。死を密接にして恐れない様にして少しでも生きやすくする為なのか。助けを求めた結果なのか。生まれ変わりを信仰しているからなのか。
死も近くにあれば逆に性も密接に関係している。ご存知の通りタイは世界有数の風俗大国。おれは風俗は好きだけど買春は嫌いなんだ。セックス位は好きな人と同意の上でやりたい。そんな綺麗事言ってるから何年もしてないんだけどまぁいい。タイ北部は産業がなくそこの女性は年頃になると全部じゃないけとその世界に入るらしい。そこでも円やドルを持って侵略してくる。それで成り立ってるんだけど、未だに釈然としない。日本より密接なのか、それとも。まぁこの話はまた会った時にでも。
戒厳令の中、街を歩く。実際仕事が9割で他の事を考える余裕もなかったけど空気や匂い、言葉。人々の視線、声、音、一生忘れられない。ここに書ききれない事は山ほどある。

何度も言ってるけど世界は広い。狭いのは世間だ。あとどれ位知らない世界を覗けるだろう。あとどれ位繋がりが増えるのだろう。あと何度因果と思い知らされるだろう。

今度はライブしに行きたいね。
また仕事で行かされるかもしんねぇけど。





毎年8.6に発刊されてるFREE ZINE to FUTUREにVOLKINで広告を出させて頂きました。一昨年はコメントを掲載させて頂いたのですが今年は広告で参加しました。当たり前の事で今更何度も言わせるなって事をメッセージにして載せてるのですが水面下で再稼働をさせようとしたり秘密保護法、集団的自衛権が強行裁決されその当たり前が壊されかけてる今、再確認と警鐘の為にこのメッセージをのさせていただきました。おれ個人ではなくユウ、野武士も同じ意見。バンドの総意です。
ジンの内容もれいこうどうの信恵さんにアーサービナード氏や三宅洋平氏、坪井さんにマージナル、フォワードのイシヤさんにスラングのKOさん、ネゴちゃんににっしん君。言葉と情報から未来をアカルイミライを考えて欲しいなと思います。ミザリーやアトミックドープとかでも読めますしおれも沢山頂いてますので欲しい方は言ってください。



今年の夏はこれに出ます。出番は真夜中27時45分。マイク1本でマスターゴッドと一曲だけ心臓って曲を一緒に演ります。ゴルジェコア。他共演も楽しみだ。武者修行します。

JUKE vs GORGE in HIROSHIMA
8/23(sat) @ bar edge
Open/Start23:00-
Charge:¥2500(w1d)

JUKE side

D.J.Kuroki Kouichi

Skip Club Orchestra
mycoplasma

GORGE side

Yuko Lotus
熟村丈治
Londarkia
mastergod

行司兼Hip Hop

MVJIMOB

http://dubliminalbounce.com/?p=1621



東京・名古屋・小倉・佐世保で繰り広げられた抗争に終止符を打つのか!遂に広島の地でJUKE vs GORGE開催!

JUKE vs GORGE in HIROSHIMA[Ghetto Manners vol.5]
2014 8/23(SAT)
@bar edge 広島県広島市中区流川町8−13-B1 (map)
OPEN/START23:00-
CHARGE:2500yen(w1d)

JUKE side

D.J. Kuroki Kouichi(Booty Tune)
Skip Club Orchestra
mycoplasma

GORGE side

Yuko Lotus(from SASEBO)
熟村丈治
Londarkia
mastergod

行司兼Hip Hop

MVJIMOB

*イベントJUKE vs GORGE in HIROSHIMAに先駆けてDBよりJUKE vs GORGE EPとして『Juke Fondue vs Londarkia』の配信が8月初旬に決定!



Profile

JUKE Side

D.J.Kuroki Kouichi (Booty Tune)

1999年 DJ開始。同時期に1人焼肉デビュー。
2001年 DJデビュー。地元の焼肉屋を卒業。都内各地の焼肉屋にて武者修行開始。
2004年 100%ゲットーパーティー「CHICAGO BEEF」を、焼肉屋の上にあるクラブで主催。DJと肉が融合。
2007年 肉好き集団を率い肉を食べまくる肉パーティー「肉GROOVE」を主催。
2008年 下北沢「肉人」に出会う。ホルモン革命が起きる。
2009年 赤身からホルモンまで、あらゆる肉の部位を完璧に焼けるようになり、「肉マスター」就任。
2010年 焼肉対決で「焼肉大王」に勝ち、2タイトル制覇。日本一の焼肉屋「スタミナ苑」の常連入り。
2011年 Juke/Ghettotech専門レーベル「Booty Tune」に加入。
2012年 Booty TuneのCOO(スィーオウオウ)就任。狩猟免許取得。
2013年 シカゴハウスの伝説的レーベル「Dance Mania」のレコードをコンプリート。
2014年 Time Out Tokyoにて焼肉レビューを担当。

あまり意味が無くてカッコいいダンスミュージックをプレイするよう心がけています。


Skip Club Orchestra

トラックメイカー。テクノ主体に楽曲制作をしていたが、2012年よりJUKE/FOOTWORKの制作を開始。同年レーベル『DUBLIMINAL BOUNCE』とパーティ『GHETTO MANNERS』を主催している。JUKEとRAPのコラボレーションを果たした『160OR80』に参加するなど節目節目で玄人好みの仕事を発揮。目下、社畜街道を驀進中の身である。


mycoplasma

主にtechno、時々juke、時々electronicaのDJ。一見プレイするDJのジャンルに統一感が感じられないが、どのジャンルに於いても少し影があり、まるで深海にいるように思わせるプレイが得意。4/28には広島にインダストリアルテクノの重鎮surgeonをブッキングするなど、オーガナイズ業も行っている。憧れの人はDJ FulltonoさんとCRZKNYさんとTokyo electro beat parkさん。

GORGE side

Yuko Lotus(From SASEBO)

佐世保市在住・Gorge Bootist/Onepusher
2014年1月『JUKE vs GORGE day in NAGOYA』、2月『JUKE vs GORGE in SASEBO』3月『KOKURA GHETTO BUSTED』、6月『LEF!!! CREW!!! THIS IS HARDCORE RELEASE TOUR FINAL!!!』等、各地のイベントに出演。
2014年7月リリースのコンピレーション『 僉 (The Bootists) 』に参加。
また、9月に自身初のMIX CD『Knife Ridge Breakin’』をリリース予定。

http://soundcloud.com/yukolotus


熟村丈治

喫茶店「サントワマミー」で店主をやっています。美味しいコーヒーと自家製の無農薬クッキー、そして店主が選曲した世界各国の素敵な音楽でお客様をお迎え致します。モーニングは600円。店主オススメのハヤシライスは800円(サラダ、コーヒー付)。営業時間は朝8時から夜10時まで。お車でお越しの際は当店裏側の専用駐車場をご利用ください。異常性欲者。逮捕歴有り(傷害、過失致死の2回)。離婚歴有り(4回)。現在素敵なパートナーを募集中です。

Londarkia

大人から子供まで死の恐怖と絶望を植え付けた魔山Londarkiaから命名された。
2013年3月にGORGE.INよりGorge Out Tokyo 2112『orc』でデビュー。
同年、同レーベルより『Londarkia & Ax – Pure Myth EP』をリリース。
早くゆっくりと唸るタムはLondarkiaの最大の特徴。
不可解な電子音と激しく冷徹なタムで依存性の高いトラックを制作し闇Gorgeと呼ばれる。
約1年振りにLondarkiaから下山し広島でライブを決行する。
尊敬する人はゾーマ。


mastergod

Shacky(シャッキー)主体にメンバー不定で活動。 静かに揺れるフロアをイメージし、憂鬱な音をテーマにトラックを作るプロジェクト。 別名義ではレコーディング・エンジニアでも活動し、広島アンダーグラウンドシーンで 活動するバンド、トラッカーのレコーディングなども行う。

行司兼HIP HOP

MVJIMOB

2012年、前身のHIGH5のメンバー(MVJI MASTER C / MVJI NUX / MVJI ZURI / MVJI MOGG)で結成。
現在は TOY SOLDIER(MVJI RULE / MVJI大島)、ZAO(MVJI 竿”)、MVJIKNY(CRZKNY)、
MVJIจริงจริง (trinitytiny1)など、気の合う仲間が集うMVJIでMobbin’なシェアハウスでA$$!
2013年、話題になったJuke×Rapのコンピ『160OR80』に参加。
2014年1月19日 1stアルバム『THE BOONIES』を発表!

JUKEとは
ハウス発祥の地シカゴにて純粋培養されたハウスミュージックの突然変異体!BPM160のハイスピードで繰り出されるトリッキーなリズムにファットなベース。あらゆるジャンルを取り込む懐の深さもその魅力。また、フットワークと言う足技メインに競われるダンスバトルもあり、先日EXILEのUSAがシカゴにて本場のダンサーとバトルした事も記憶に新しい。音楽とダンスも含め、ここ日本でもシカゴ以上と言われるほどの盛り上がりを見せている。

GORGEとは
インド~ネパールの山岳地帯のクラブシーンで生まれたジャンルで、低音の強調とタムの連打が生み出す呪術的なグルーブが特徴。ゴルジェのオリジネイターであるDJ Nangaが言う《Use Toms(タムを使うこと)》 《Say it “Gorge”(それがゴルジェと言うこと)》 《”Don’t say it “Art”(それがアートだと言わないこと)”》という3つのルールによって形成された”GPL(Gorge Public License)”に準拠している音楽を、ゴルジェと呼ぶ。


bar edge 広島県広島市中区流川町8−13



この曲が出来たのは2006年の頭。東京、チャリティ、野外、コレだって時に演ってた。思い入れの強い曲。ビデオテープのケンジ君が好きだって言ってくれた曲。
手相を占ってもらってあんたは旅に出ろって言われて最近ちょこちょこ旅に出るのがちょっとしたブームだしタイトルはおれの人生のテーマの一つでもある大切な曲。それをマスターゴッドのシャッキーがリミックスしてくれました。サウンドクラウドで聴けます。歌詞も載せておきますので是非どうぞ。



生まれた場所より遠くへ



汚れた掌延ばしても また一つ嘘をみる
響けどまだ伝わらずに 抗えどまだ償えず
生まれた場所よりも一歩でも遠くへ 先に待つあなたに何かを誇れる様に
遠くで呼ぶ声は寂寞に埋れゆく
壊れた空見上げ 祈り儚くとも 生まれた場所よりも一歩でも遠くへ

下記サイトで聴けます。
https://m.soundcloud.com/mastergod_shacky/volkin-remix



現在のおれらを書いておこう。6月に野武士が仕事中に事故に遭い腕を複雑骨折してライブはおろかスタジオも入れない状況です。でもおれらはモチベーションが落ちたり卑屈になったりする3流じゃねぇから。個人でやれる事をやってる。曲のアイデア貯めてるユウにリハビリしながら座学やセッティングやフレーズの研究してる野武士。インプットする作業であり曲作りや作詩作業。アルバムに向けて相変わらず走り出してる。相変わらず研究、練習、行動。これは欠かさないし欠かしてない何年も何十年と。おれは音楽、バンド以外の世界を覗いてる。なんでもそうだ。違う世界からのインスピレーションを貰わないとダメだ。表現って奴はそんなに生易しいもんじゃねぇよ。未熟なおれはやっと気付いた。人間、仕事、海外、格闘技、政治、映画、文学、絵、サーフィンetc..喰らいつくして全ておれというフィルター通して曲とステージに落とすぜ。
今は2015年に向けての少し長い準備期間中です。



最後に、千田町のしまむらでおれの娘の頭を撫でてくれてありがとうな。もう7年も前になるけどイベント出てくれてありがとう。さわちゃんから聞いたよ。深くは聞けなかったけど。すまない、おれには悲しむ事と忘れない事しかできない。アウトオブザウェイのドラムのゆうか、そっちに行ったらまた遊ぼうな。若い奴が逝っちまうのは残念だ。悲しい。どうか安らかに。


さて夏だ。しっかり汗かいて秋を迎えよう。

GAQ on tragical documment
スポンサーサイト
プロフィール

volkin GAQ

Author:volkin GAQ
広島を拠点に活動中のバンドVOLKINのヴォーカル/リーダーoRgSys RECORDS代表GAQのオフィシャルブログ

趣味はサーフィンと読書。最近キックボクシングを始めた。宝物は娘。現在独身。

VOLKIN
肉弾戦へヴィネスを叩きつける一方でハードコア踏襲したスピード感に繊細に描かれる美しい静寂と狂気のノイズ、多種に渡るエフェクト。様々なバックボーンを持ちながらも何にも属さない唯一無二の存在。独特の言語感覚より描かれる詞世界に激情のステージングを併せ持ち揺るぎないD.I.Y精神を背に広島を拠点に活動中。
これまでドラびでお、detroit7、玉城ちはる、LIBERATED STAIN、HABANA等様々なジャンルのアーティストと共演。
過去に女性ベーシスト、パーッカッション&シーケンサーを取り入れたりツインドラム&ツインギター&PC導入等実験を繰り返す。現在は新ベーシストのMASS加入によりこれまでの経験と要素を継続させつつプリミティブなサウンドと独自の世界感をさらに追求する。
05年にsplit album『THE FRONT OF LIBERATION』を発表。その後『REAL JAPANESE UNDERGROUND2007』『oRgSyS EP』『猿の家(現在は廃盤)』3枚のオムニバスに参加。現在ライブ活動と平行し1stフルアルバムを製作中。2011年末にシングル『止揚』をリリース


oRgSys RECORDS

2005年末 shacky(MASTERGOD)GAQ(VOLKIN)VJ MOTOにより設立 以降この3人で共同主宰。2010年末よりGAQが二代目代表に。自社スタジオでの音源の製作(2010年末まで)オンラインショップの運営、配布、配信を中心に所属アーティストのサポートや映像作品の製作、イベント企画(THE FRONT OF LIBERATION)フライヤーやジャケット等のデザインを行う広島アンダーグラウンドインディペンデントレーベル。
『D.I.Y』『アンチ商業音楽』『独立独歩』を信条とし常にリスナーに届ける為に奔走する

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。