スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HOPE STILL ALIVE WITH SCAR(It'true)

本物とは何だ
本物は決してぶれずに
本物は儀を忘れず
本物は馴れ合いを嫌悪する
チケット代や音源代を後悔させない奴等が本物の条件だと言葉ではなく漢の背中で教わった
この日はすざましい夜だった。偉大な先輩のブラインドヘイトの10年が詰まったアルバムのリリースパーティ 知り合って5年、ここまで平坦な道のりでは無かった筈。メンバーの脱退、過酷なツアー、海外遠征、そして仕事と家庭との両立、それらをこなしてきた偉大な先輩であり広島を代表するバンドの1つ。この日うちらはトップバッターで出演。うちらはメタルバンドではない。しかし3度目の出演。このイベントに出る事は試煉であり自身の自信に繋がる大切なイベント。いつも通り全力を尽くす。叫びマイクスタンドを叩き付け爆音を出す。今回は前回演らなかったクリーントーンのメロウな曲を演った。イベントに合わすのではなく自分達を曲げない事を優先。ホームだアウェイだと軟弱な言い訳をせずに自分を曲げない事を誇る。偉大すぎる先輩に対する私達からの礼儀。今の世相を怒りで表現しクルーとゆうかファミリー総出でフロアーを盛り上げたNEROTICOSに、今回最も反響の大きかったのはエラーのメンバーも太鼓判!噂のリアル侍モノノフ!口だけじゃないマジな侍!転換中は写メの嵐!曲は正当派のスラッシュに日本詞が乗るといったスタイルでしたがあの雰囲気は凄かったですね。そして広島で初めてデスメタルを初めたバンドベイクドボム、ブラインドヘイトと共に10年以上広島のメタルシーンを牽引し続けた偉大なバンド。世界規模のテクニックは今さら私が言うまでもありません。アティテュード、姿勢は感服するしかないです。彼等がメタルと認めた物がメタルだ。あとは偽物(格好だけ)だと思います。それくらい偉大なバンドだ。あの姿勢には多大な影響を受けてます。真剣に楽しむ事が格好良いと教えてくれたバンド。デスメタルを漢の音楽という事にのしあげた偉大な先輩。そして松山からの破壊の使者スペースグラインダー!まさにアンダーグラウンド!噂通りのライブでした。あれは観た奴にしかわかんない。今回のイベントうちらの演奏の中頃からトリのブラインドヘイトまでずっとモッシュピットができて、NEROTICOSの時にはファミリー総出でピットができて、ベイクの時には巨大サークルができて、ブラヘイの時に私はひさびにマイクジャック!さらに冥王亭がダイブ!ベイクのマコトさんがボーカルを取りケンタロウ氏がフロアーで暴れ回るとカオスも最高潮に!さらにスレイヤーのカバーも!こんなに盛り上がったイベントは観た事ないです。ベイク先輩ブラヘイ先輩デスメタルテラーに関わった皆さんありがとうございました!

未来に過度に期待した過去
過去ばかり振り返る今
虚構で味付けされた言葉達その嫌悪感を創造力に変えて
足掻ながらも涙は決して見せず不安と失望を笑いに変えて

そして次の週はデステラの興奮冷めやらぬままに約1年ぶりに岡山イマージュへ昨年から何度も声を掛けて頂いてましたが都合が合わず断り続けていたイベントに遂に参加させてもらいました。会場に着くとマビトさんの絵が展示されておりスクリーンには映像が流れDJでなく転換中もラップトップの演奏があり司会もいてかなり独特な雰囲気が作り上げてました。特にマビトさんの絵はヤバかったです!VJブース前の畳約2枚分くらいの絵には動きや会話が止るくらい強い印象を受けました。それは人間をモチーフにしているからか技術なのか画風のせいなのかはわかりません。ひさびに力を持った絵に出会えました。岡山を中心に精力的に活動されていますので是非チェックしてみて下さい。
そしてn-styleさんArtificial Hallucinationさんと再演!二組ともサウンドが研ぎ澄まされ主催のArtificial Hallucinationさんはパフォーマンスも前に増してイッた感じで積み重ねてきたんだなぁと感じました。個人的にはFLOSTEDさんがツボでしたね。音はNOISE X HC X GRINDでパフォーマンスも最高でした。マス君はOLDFLAGさんがツボにはまってましたね。私もあの雰囲気にやられました!んで藤翠オススメのTIMBER DOUBLE PROGRAMも出演してました。トラック、MC両方とも良く練り上げられていたのですが現場をもっと踏んで欲しいと思いましたね。とても良いモノを持っているだけにLIVEを重ねるともっと良くなると思います。練り上げられたモノが生きてゆくと思います。これからが楽しみな出会いでした。今回は盟友MASTERGODも出演しボーカリスト加入後の初ライブでした。この1年の紆余曲折を知ってるだけに良いライヴでした。特に生まれ変わったパーフェクトブルーに光を感じました。まだまだ現場不足の感がありましたがこの1年続けてきたモチベーションを保てば時間が解決してくれると思います。うちらはリハ無しでしたがイマージュはとても演りやすいハコでオ-ディエンスの反応を含め今年一番良かったのではないでしょうか。あくまで現時点ですがね。超えるべき壁をまた作りました。この世界に入るきっかけをくれたアベさんに覇気(特有のアーティストが持つオーラ)でその場所が分かる男、この世界に留まる事をくれた神闘歌のカズさんとも再会。さらに昨年のデステラでのライヴも記憶に新しいGSDとも再会。再会できる喜びは生きているとゆう事を感じさせられる瞬間 Artificial Hallucinationさんその瞬間を与えてくれて有り難う!そして主催お疲れ様でした! 
この2日は決してTVなんかにゃ写らないしYouTubeじゃわからない、このブログだってどこまで伝わるか分からない。しかしあの日の熱は本物で多くの人間が金と時間と引き換えに充実とゆう希望を貰って帰ったと思います。

心が折れそうな日々が続いたあと少しで折れて全てを終わらせ様と思った。そんな私を救ってくれた2つの日とカズさんのブログ。また歩き出します。5.9に向って

WE START AGAIN 始りであり終わりの解放戦線

2009.5.9(sat)
oRgSys RECORDS PRESENTS
『THE FRONT OF LIBERATION vol.7』
@BADLANDS
open 17:00 start 17:30
adv 1200 day1500 (1drink order)

cast

CONVULSiON(from 大阪)
http://www.myspace.com/convulsionjapan

今回唯一のゲストです。彼らを知ったのはオーデオリーフのフレンドリクエストからでしたが音楽に対する姿勢、KO-JI03氏のミニアルバムでのリリックに、HCバンドだけれどもそれに留まらない音楽性に感銘を受け今回の出演オファーを出しました。いくつもの修羅場を潜り抜けてきたパフォーマンス楽しみです!

nuill&un cuento de hadas
http://www.myspace.com/nuillanduncuentodehadas

このバンドがでてくれて本当に嬉しいです。イベントを続けてきて良かったと思ってます。ROCKってこれだろ!と初めて観た時思いました(25日は行けなくて残念。。。。)外タレ並の音圧に自ずと放たれるストイックな姿勢。必見です。本物です。

DrugMisQ
http://www.myspace.com/drugmisq
昔イベントに呼んでもらっていつか自分らの企画にと思い。あれから5年。お互い背負うモノが増えメンバーも変わり音も変わりお互い年を取ったけど情熱だけは消さずに。再会とはやはり生きているを感じる瞬間だ。お互いの5年と今をぶつけ合えたらと思います。

VOLKIN
http://www.myspace.com/volkinatr

-aufheben tour FINAL-

Feedback my son
今広島で一番勢いのあるバンドではないでしょうか?キャリアのあるメンバーが揃ってますが彼等の初ライブはハコのブッキングライブ。一番大事なところを彼らは分かってます。そうゆう奴等は手強いぜ!この日も最新のHCHCをかましてくれるはず!!!モッシュピットで会いましょう

stabilo
http://www.myspace.com/stabilo74loadbang

遂にこの人も参戦です!エレクトニカ広島代表!このスタビロさんとかゴッドとかがラウド、HCと一緒に観れるのはこのイベントだけです。音と映像の世界を楽しんでください。

MASTERGOD
http://www.myspace.com/mastergodorgsys
Hideride
http://www.myspace.com/hideride
そしてこの日Hiderideとstabiloさんのコラボ曲もこの日の為に発表予定らしいです!広島のエレクトニカ/音響系を牽引してる3バンドが此処で観れる機会は滅多にありません。ただのラウドのみのイベントじゃねぇぜ。この個性はあんたの固定観念を叩き切る


HPでもアナウンスありましたがこの日で活動休止をします。前進するために止まります。
続けるために止まります。99年結成2003年より本格活動 誰かのコネもなく誰かのフックアップも当然無くハコのフックアップもなく誰かに教わることも無くクルーを作らず馴れ合わずしかし腐らず此処まで来た。挑まれたライヴはどんな相手であろうが都合がつく限り演り、いつしかアウェイの言葉は無くなり。真剣でない者と訣別しここまで来た。やってきたことは流行じゃない モノマネじゃない 安売りじゃない アートとか高尚ぶったものじゃない 希望に最も近い轟音だ

まだまだ終われない終わらない その為の活動休止


では5.9に逢いましょう

GAQ



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

volkin GAQ

Author:volkin GAQ
広島を拠点に活動中のバンドVOLKINのヴォーカル/リーダーoRgSys RECORDS代表GAQのオフィシャルブログ

趣味はサーフィンと読書。最近キックボクシングを始めた。宝物は娘。現在独身。

VOLKIN
肉弾戦へヴィネスを叩きつける一方でハードコア踏襲したスピード感に繊細に描かれる美しい静寂と狂気のノイズ、多種に渡るエフェクト。様々なバックボーンを持ちながらも何にも属さない唯一無二の存在。独特の言語感覚より描かれる詞世界に激情のステージングを併せ持ち揺るぎないD.I.Y精神を背に広島を拠点に活動中。
これまでドラびでお、detroit7、玉城ちはる、LIBERATED STAIN、HABANA等様々なジャンルのアーティストと共演。
過去に女性ベーシスト、パーッカッション&シーケンサーを取り入れたりツインドラム&ツインギター&PC導入等実験を繰り返す。現在は新ベーシストのMASS加入によりこれまでの経験と要素を継続させつつプリミティブなサウンドと独自の世界感をさらに追求する。
05年にsplit album『THE FRONT OF LIBERATION』を発表。その後『REAL JAPANESE UNDERGROUND2007』『oRgSyS EP』『猿の家(現在は廃盤)』3枚のオムニバスに参加。現在ライブ活動と平行し1stフルアルバムを製作中。2011年末にシングル『止揚』をリリース


oRgSys RECORDS

2005年末 shacky(MASTERGOD)GAQ(VOLKIN)VJ MOTOにより設立 以降この3人で共同主宰。2010年末よりGAQが二代目代表に。自社スタジオでの音源の製作(2010年末まで)オンラインショップの運営、配布、配信を中心に所属アーティストのサポートや映像作品の製作、イベント企画(THE FRONT OF LIBERATION)フライヤーやジャケット等のデザインを行う広島アンダーグラウンドインディペンデントレーベル。
『D.I.Y』『アンチ商業音楽』『独立独歩』を信条とし常にリスナーに届ける為に奔走する

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。